【節税】スーツ代もOK!? サラリーマンの「経費扱い」はどこまで拡がるか

1: 海江田三郎 ★ 2016/12/20(火) 08:28:56.89 ID:CAP_USER
http://president.jp/articles/-/20768

マイナンバーの導入で、将来的には「確定申告」の手続きはより手軽になると見込まれています。
いまだに確定申告をしないサラリーマンが大多数ですが、所得控除という「経費」を使いこなせているでしょうか。
所得控除とは、所得税の課税対象額から一定金額を差し引く仕組み。専業主婦や子供など被扶養者がいる場合には「扶養控除」、 生命保険料を支払っている場合には「生命保険料控除」が受けられます。

サラリーマンにとって最も大きいのは「給与所得控除」。年収600万円の場合、「収入金額×20%+54万円」
で174万円の控除が受けられます。サラリーマンに認められた「みなし経費」です。
さらに2013年度の改正で「特定支出控除」の対象範囲と金額が拡大しました。これは「仕事をするうえで必要」
と認められた支出が、「給与所得控除の2分の1」を超えた場合に利用できるものです。年収600万円の場合、174万円の2分の1となる87万円を超えた特定支出について課税額から差し引けます。

特定支出として認められる範囲は、通勤費、転居費、研修費、資格取得費、帰宅旅費、勤務必要経費の6種類。
このうち勤務必要経費には、書籍や雑誌などの図書費、制服やスーツなどの衣服費、飲食費やお歳暮代などの交際費も含まれます。

便利にみえる制度ですが、14年度の給与所得者のうち、確定申告で特定支出控除を適用した人は全国で約2000人。
給与所得者は約5500万人ですからごくわずかです。
原因はいくつか考えられます。ひとつは最も用途が広い勤務必要経費に「65万円」という上限があること。
スーツ代や交際費で多額の支出があってもそれだけでは不十分。通勤費や研修費などとの合計が給与所得控除額の2分の1を超えている必要があります。サラリーマンの場合、通勤費や研修費などは会社から支給されることも多いはずです。

また、特定支出として認められるためには、給与の支払者の証明書を提示する必要があります。
転職のために資格取得を目指している場合、資格学校に通っている事実は隠したいわけで、 資格取得費を会社に届けるのは現実的ではありません。
適用できる人を増やすには勤務必要経費の「65万円」という上限枠を撤廃すべきです。そのうえで特定支出の範囲を拡大する必要があるでしょう。
政府内でも動きが拡がっています。今夏、厚生労働省は自民党への税制改正要望に、 特定支出にベビーシッター費用を加えることを盛り込みました。16年度の税制改正では実現しない見通しとなりましたが、注目すべき動きです。

ほかにもお得な所得控除の制度はあります。まず調べてほしいのが「医療費控除」。生計をともにする家族の医療費の合計が年間10万円以上(もしくは年収200万円未満の場合は総所得金額等の5%以上)の場合、超過分を所得から控除できます。
医療費といっても入院費用や薬代だけでなく、病院に行くタクシー代などの交通費も対象です。また「ふるさと納税」もお得な制度です。
自分が選んだ自治体に寄付をすると一定範囲で控除が受けられ、寄付額の3~5割程度に相当する「特産品」を送る自治体が増えています。

手間はかかりますが、サラリーマンでも確定申告するメリットはあります。特にふるさと納税は、利用者が急増すれば制度が見直される恐れもあります。面倒に思わず、いまのうちに利用しましょう。


14: 名刺は切らしておりまして 2016/12/20(火) 11:04:44.10 ID:mD/cKw+T
>>1

これ、経営者向けのサービスだろ確か。


4: 名刺は切らしておりまして 2016/12/20(火) 08:44:54.74 ID:Z5zTyAi6
給与支払い者の証明書のもらい方を教えてくれよ


7: 名刺は切らしておりまして 2016/12/20(火) 08:58:54.15 ID:w2SqsPKN
>>4
普通、会社側が用意して配布するもんだ


5: 名刺は切らしておりまして 2016/12/20(火) 08:51:21.93 ID:cRo0xOV5
田舎の会社員なんてマイカー購入費もガソリン代も会社の経費で落としてくれるわ
東京じゃ有り得ない世界


6: 名刺は切らしておりまして 2016/12/20(火) 08:52:49.66 ID:oOsA97km
全く使えない制度のくせに、政府はちゃんと対策してますよのポーズだけ

リーマンの経費認めて、水商売から増税しろ、クズ税務署


8: 名刺は切らしておりまして 2016/12/20(火) 09:03:08.66 ID:XoCMXdA1
>>6の言うとおり、リーマンの経費を認めて、給与所得控除を廃止しようぜ
これでかなりの税収が見込める


9: 名刺は切らしておりまして 2016/12/20(火) 09:37:36.24 ID:ikuHz/E9
>>8
ほとんどの人は給与所得控除の存在すら知らないよね。

必要経費が給与所得控除以下でおさまっている人が、大半なはず。
だからサラリーマンは、必要経費が実費のみの自営業者よりも、
むしろ優遇されているとも言える。


10: 名刺は切らしておりまして 2016/12/20(火) 09:40:07.36 ID:jkv1DmVR
>>9
そう。下手に「サラリーマンにも経費を」なんて言うと給与所得控除を見直されてやぶへびになる。


11: 名刺は切らしておりまして 2016/12/20(火) 09:55:13.06 ID:kBcTaNPS
給与所得控除が65万なので、月にすれば6万弱。
これを現在自腹で払ってるなんて人はよほどの高額所得者だろう。
経費に出来る交通費や交際費なんて基本会社の金だしな。


16: 名刺は切らしておりまして 2016/12/20(火) 11:21:48.01 ID:jkv1DmVR
>>11
キミの給与所得って1,625,000以下なの?


15: 名刺は切らしておりまして 2016/12/20(火) 11:09:02.35 ID:GzL5EI2S
いったいどれだけ年間174万円以上の仕事経費を自腹で払ってるリーマンが居るんだよw


18: 名刺は切らしておりまして 2016/12/20(火) 17:12:17.83 ID:RO8wD0yM
家賃も経費で


19: 名刺は切らしておりまして 2016/12/20(火) 17:26:09.17 ID:FiRC5/7X
キャバクラも経費で


20: 名刺は切らしておりまして 2016/12/20(火) 17:51:47.89 ID:K+anPZ9p
年収2000万円くらいあって年に2回は30万くらいのスーツ買うけど、これが
経費扱いにできるって意味でいいのか?


21: 名刺は切らしておりまして 2016/12/20(火) 18:20:01.11 ID:GzL5EI2S
>>20
年収2000万円なら当然確定申告してるだろw
まぁその場合給与所得控除額は230万円で、その1/2の115万円を超えた額が控除対象になるし、
衣類については上限65万円だからどっちにしろ全然足りないね。


22: 名刺は切らしておりまして 2016/12/20(火) 18:27:27.59 ID:WajKUohP
収入金額×20%+54万円の174万円

自営だが経費を引いて自由に使える額がそこまでないんですけどw


24: 名刺は切らしておりまして 2016/12/22(木) 18:08:54.99 ID:VH70mygo
吊るしの安スーツでも経費にならないとただの貧乏人イジメ。


25: 名刺は切らしておりまして 2016/12/25(日) 16:24:11.36 ID:HMc16SyZ
>>24
基礎控除という名目で経費扱いされとるやん


26: 名刺は切らしておりまして 2016/12/25(日) 16:47:44.69 ID:fLad4VzV
87万円越えた分って、そんなにスーツや自己啓発で使わねぇよ


29: 名刺は切らしておりまして 2016/12/27(火) 23:20:02.07 ID:YYiODMlY
だから亜米利加みたいな制度にしないと、いつまでたっても搾り取られるだけ


30: 名刺は切らしておりまして 2016/12/28(水) 20:09:46.49 ID:7aVQG1Xe
日本より貧富の差が激しいアメリカが参考になるわけ無い。


31: 名刺は切らしておりまして 2016/12/31(土) 02:08:22.32 ID:MxHeuKyv
誰でも出来る節税方法
日用品や化粧品はドラッグストアで買う

スイッチOTC医薬品(市販薬)が年間1万2千円以上で医療費控除の対象になりましたが、
日用品や化粧品をドラッグストアで買って、手書きの領収証をもらいましょう
ついでにポイントも貯まりますよ




    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング
人気記事PICK UP

コメント

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット