ペット保険の加入増加 支払いめぐりトラブルも

1: ばーど ★ 2017/05/12(金) 07:27:08.31 ID:CAP_USER9
ペットの病気やけがに備える「ペット保険」への加入が増えている。人口減で飼育数は減っているが、医療技術が進んで高額な治療費がかかるケースが増えているためだ。
市場拡大で損害保険大手も力を入れるが、一部で保険金を巡るトラブルも出ている。

「以前は『ペットにも保険があるんですね』と意外に思われることが多かったが、最近はめっきり減った」。ペット保険で大手のアニコム損害保険の営業担当者はそう話す。
ペットの治療は公的な保険制度がなく、飼い主の全額負担が原則。最近はCTなど高度な技術も広がり、治療費は増額傾向だ。
アイペット損害保険によると、8歳のフレンチブルドッグのMRIを含む検査代が14万円を超える例もあった。

そうした費用をカバーするのがペット保険。富士経済によると、2016年末時点の契約件数は約123万件の見込みで、13年末の約1・5倍。17年末には135万件に伸びるとみられる。
犬や猫の飼育頭数は2千万頭ほど(ペットフード協会)で、保険加入の比率はまだ低いが、飼育頭数が減る中で、加入件数は伸び続けている。

保険は治療費の5~7割を補償するものが多い。アニコムでは、3歳のチワワに5割の補償をかける場合、保険料は月2510円。高齢の大型犬なら1万円を超えることもある。

ペット保険を扱うのは、損害保険会社のほか、保険金額と契約期間に制約がある保険を扱う少額短期保険会社で、新興企業が多い。


市場拡大とともに、保険金の支払いを巡るトラブルも出てきた。国民生活センターによると、「保険金が支払われない」「ペットショップで無理やり加入させられた」といった相談が寄せられている。
センターは「補償内容をよく確認して契約してほしい」と呼びかけている。


朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK4N4VWRK4NUTFK00L.html


2: 名無しさん@1周年 2017/05/12(金) 07:31:38.67 ID:fS9Hv0o60
規約もろくに読まない馬鹿ばから


11: 名無しさん@1周年 2017/05/12(金) 07:49:11.98 ID:x3QWeD1p0
>>2
あの手の規約ってわざと読む気が失せるような書き方してるとしか思えん
おまけに字は細かいわビッチリ詰まってるわ


156: 名無しさん@1周年 2017/05/13(土) 13:30:54.31 ID:naUZ4LgqO
>>11
だから口頭確認が便利なんだけど最近の人は保険屋と話すのを嫌がるよな
保険なんて外交員を呼んで疑問点を質問すれば馬鹿にも分かるように説明してくれるのに


4: 名無しさん@1周年 2017/05/12(金) 07:36:49.16 ID:IGHYc9Al0
健康保険もないのにやっていけるのか?
BBAどもはすぐ病院連れてくぞ


【ペット保険の加入増加 支払いめぐりトラブルも】の続きを読む