マネー速報

みんなが気になるお金に関する2ちゃんねるのスレッドを幅広くまとめるブログ『マネー速報』

タグ:北朝鮮

    このエントリーをはてなブックマークに追加
【北朝鮮】国家ぐるみで仮想通貨ビットコインの採掘に乗り出す ランサムウェアによる攻撃と同時期に開始

1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/07/28(金) 20:53:20.97 ID:CAP_USER
 北朝鮮が、仮想通貨ビットコインの採掘に乗り出していたことがわかった。

 最先端の人工知能(AI)を駆使し、ウェブ上の情報を分析してサイバーテロや国際紛争を予測するレコーデッド・フューチャー社(本社:米マサチューセッツ州)が報告書で明らかにした。同社は、ロシアへのウクライナへの軍事介入を的中させたことで知られる。

■「ワナクライ」と同時期
 同社は、インターネットの監視を行う非営利団体「チーム・カムリ」と共同で、4月1日から6月6日まで北朝鮮からと思われるインターネットへのアクセス動向についてモニタリングを行った。

 すると、北朝鮮の複数のユーザーが5月17日からビットコインの採掘を始めた状況が把握できた。それ以前に、北朝鮮にはビットコイン関連の動きは認められなかったが、この日以降、関連の活動は数百倍に達した。これは、「Wannacry(ワナクライ)」と呼ばれるランサムウェアによる攻撃が始まった時期とほぼ重なる。

 ランサムウェアは感染したパソコンをブロックし、解除に「身代金」としてビットコインを要求するものだが、報告書は北朝鮮のビットコイン採掘と「ワナクライ」の関連はわからないとしている。

 一方で、これだけ大規模な動きは国の承認なしにはできないだろうとしている。つまり、ビットコインの採掘は北朝鮮の国家の方針として行われているということだ。

 北朝鮮は、これ以前にもビットコイン関連の動きを見せていた。

 韓国のネットセキュリティ企業、ハウリのチェ・サンミョン氏は米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)の取材に、北朝鮮は2013年に開城工業団地を閉鎖して以降、ビットコインを奪うために様々なサイバー攻撃を行うようになった。

 2015年以降はビットコイン目的のハッキングを行った形跡はないが、それまでは1カ月当たり8万7400ドル(約971万円)の利益を毎月得ていた。

 昨年5月、韓国のネット書店大手、インターパークがサイバー攻撃を受け1030万人の顧客情報が盗まれる事件が起きたが、犯人はその見返りに30億ウォン(約2億9700万円)相当のビットコインを要求した。

 韓国警察当局は、北朝鮮の偵察総局の犯行で、北朝鮮が違法な外貨稼ぎにサイバー攻撃の技術を使ったことが確認された初のケースとしている。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170728/soc1707280030-n1.html
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170728/soc1707280030-n2.html


25: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/07/28(金) 22:01:22.56 ID:oDdrASns
>>1
そんな電力あるんか?


27: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/07/28(金) 22:07:01.54 ID:aYjyTGz0
>>25
人件費が完全にタダだから
トータルで中国より安くビットコイン採掘できそう


3: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/07/28(金) 20:58:33.12 ID:wrPuGhqi
国家の管理から自由どころか
ならずもの国家が参加するとは何のジョークだ


14: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/07/28(金) 21:19:29.28 ID:r6Z8nkGm
>>3
ビットコインとかは大規模なマネーロンダリング横行してんだよ。

日米欧とかは取引禁止にして潰すべきなのに、各国の金融庁とか中央銀行とかが自由経済の意味を無政府主義と勘違いして放置中。


【【北朝鮮】国家ぐるみで仮想通貨ビットコインの採掘に乗り出す ランサムウェアによる攻撃と同時期に開始】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
【悲報】北朝鮮さん、世界中の銀行をサイバー攻撃してミサイル資金を稼いでいた事がバレる

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/11(木) 09:14:10.70 ID:7OjbDvRD0
北朝鮮 銀行へのサイバー攻撃で多額の現金盗んだか

北朝鮮が世界30か国以上の銀行を狙ってサイバー攻撃を仕掛け、多額の現金を盗んだ可能性が高いことがわかり、北朝鮮の核・ミサイル開発の新たな資金源になりかねないという懸念が出始めています。
これは、アメリカやロシアの情報セキュリティー会社の調査でわかったものです。

アメリカ大手、シマンテックはNHKの取材に対し、おととしから、ことしにかけて、 北朝鮮のハッカー集団がバングラデシュやベトナムなど世界30か国以上の銀行や金融機関などを狙って、サイバー攻撃を仕掛け、多額の現金を盗んだ可能性が高いことを明らかにしました。

それによりますと、バングラデシュ中央銀行のケースでは、マルウエア=有害なソフトウエアが仕込まれたメールが職員に送られ、感染した銀行内のコンピューターシステムを通じて、偽の送金依頼が行われた結果、8100万ドル(日本円で90億円以上)がフィリピンに送金され、犯行グループがその一部を手にしたと見られています。


2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/11(木) 09:14:29.40 ID:7OjbDvRD0
バングラデシュ中央銀行の事件
事件は去年2月、世界各国の中央銀行が基軸通貨のドルを預けているニューヨークの連邦準備銀行で起きました。

連邦準備銀行は去年2月、バングラデシュの中央銀行からSWIFT=国際銀行間通信協会のコンピューター通信網を通して送金依頼を受けました。
送金依頼は合わせて35件、10億ドル近くに上り、フィリピンやスリランカなどにある別の金融機関の口座への送金を指示していましたが、これが犯行グループによる偽の送金依頼でした。

送金先の記載ミスなどがあったため、大半は送金には至りませんでしたが、8100万ドルがフィリピンの4つの口座に実際に送金され、 その大半が犯行グループの手に渡ったと見られています。

その後の調べで、犯行グループは「スピアフィッシング」という手口で、ダッカにあるバングラデシュ中央銀行の職員にマルウエア=有害なソフトウエアの入ったメールを送りつけ、 銀行のコンピューターネットワークシステムを感染させた疑いが強いことがわかりました。そして、世界各国の銀行間の通信網を運営するSWIFTの送金システムに不正にアクセスして送金を指示した疑いが持たれています。

フィリピンメディアの報道によりますと、フィリピンに送金された8100万ドルの一部は、フィリピン在住の実業家の中国人男性に渡ったということですが、 この男性は調べに対して、「盗まれた金だとは知らなかった」として、現金をバングラデシュ側に返還するとともに、自分は無実で責任は別の中国人2人にあると主張したということです。ただ、この中国人2人の行方はわかっていません。


3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/11(木) 09:14:36.89 ID:7OjbDvRD0
アメリカの一部メディアは、この事件を捜査しているFBIが、北朝鮮の犯行グループを支援した疑いで、仲介役を果たした中国人の訴追を検討していると報じています。

シマンテックによりますと、同じようにスピアフィッシングという手口で、SWIFTの送金システムに不正にアクセスした事件は 、ここ数年、ベトナム、フィリピン、エクアドルなどの銀行でも起きていて、エクアドルでは1200万ドル、ベトナムでは100万ドルの被害が報告されているということです。

また、ベトナムとフィリピンの銀行で使われたマルウエアのコードは、バングラデシュ中央銀行の事件で使われたマルウエアのコードと一部が一致しており、 北朝鮮のハッカーグループによる犯行の可能性が高いとしています。


4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/11(木) 09:14:39.10 ID:/kjeOBIVM
有能杉内?


5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/11(木) 09:14:40.51 ID:JqzCvRIg0
こいつら案外ネット系強いんだな


【【悲報】北朝鮮さん、世界中の銀行をサイバー攻撃してミサイル資金を稼いでいた事がバレる】の続きを読む

このページのトップヘ