2月の失業率2.3%、人手不足で9カ月ぶりの低水準  就業者数は前年同月比78万人増で、6年2カ月連続で増加

1: 壁に向かってアウアウアー ★ 2019/03/29(金) 17:36:35.49 ID:k8hWbOzH9
総務省が29日に発表した2月の完全失業率(季節調整値)は前月から0.2ポイント改善し、2.3%だった。9カ月ぶりの低水準となった。厚生労働省が同日発表した2月の有効求人倍率は4カ月連続で横ばいの1.63倍で、人手不足を背景に、良好な雇用環境が続いている。


完全失業者数(実数)は前年同月に比べ10万人減り、156万人だった。1月に季節要因で一時的に増えたが、再び減少に転じた。就業者数は同78万人増の6656万人で、6年2カ月連続で増加した。

有効求人倍率は全国のハローワークで仕事を探す人に対して、企業から何件の求人があるかを示す。正社員の有効求人倍率は0.01ポイント上昇し、1.15倍だった。雇用の先行指標となる新規求人倍率は2.50倍で、前月を0.02ポイント上回った。新規求人倍率は5カ月連続で上昇した。

2月の新規求人数(実数)は前年同月比2.1%増の103万6945人だった。教育・学習支援業が10.7%増と最も増えており、建設業(5.8%増)、医療・福祉(4.2%増)などが続いた。一方、製造業は3.4%減だった。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43066640Z20C19A3EAF000/?nf=1


失業率
失業者数を労働力人口で除した数値。日本では完全失業率ともいわれ、労働力人口に占める完全失業者の割合を示す。なお、この「完全」の文字には今では特別な意味はない。
完全失業者の定義は、総務省統計局によると「仕事がなくて少しも仕事をしなかった者のうち、就業が可能でこれを希望し、かつ仕事を探していた者及び仕事があれば、すぐ就ける状態で過去に行った求職活動の結果を待っている者」となっている。

参照元:kotobank.jp


3: 名無しさん@1周年 2019/03/29(金) 17:37:30.08 ID:2318ZrCZ0
いいことだ、去年も堅実に1.3%成長だしな


127: 名無しさん@1周年 2019/04/01(月) 20:24:11.89 ID:VhMrC9H50
>>3
増税するための準備万端だね☆


4: 名無しさん@1周年 2019/03/29(金) 17:38:39.21 ID:F5XOKNvY0
はいはい



11: 名無しさん@1周年 2019/03/29(金) 17:45:58.52 ID:2hHZ4y9v0
製造業の求人が悪いのが気になるんだよな、何はともあれ製造業が国の根幹だからここがしっかりしないと


【2月の失業率2.3%、人手不足で9カ月ぶりの低水準  就業者数は前年同月比78万人増で、6年2カ月連続で増加】の続きを読む