マネー速報

みんなが気になるお金に関する2ちゃんねるのスレッドを幅広くまとめるブログ『マネー速報』

タグ:東京オリンピック

    このエントリーをはてなブックマークに追加
東京都「五輪費用が足りないのでふるさと納税で集めます。返礼品は競技会場の銘板に名前を刻む権利」

1: ガーディス ★ 2018/06/10(日) 07:43:15.69 ID:CAP_USER9
 東京都は、2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場などの銘板に名前を刻む権利を、都への「ふるさと納税」の返礼とする方針を固めた。

 都はこれまで返礼を行っていなかったが、地方からの寄付を呼び込み、都民からの寄付も受け入れることで、ふるさと納税制度に伴う都の税収減に歯止めをかけたい考えだ。

 ふるさと納税制度では、故郷や応援したい自治体に寄付することで、寄付者は居住する自治体への住民税などが控除される。しかし、牛肉やカニなど豪華な特産物を返礼品として用意している地方の自治体に寄付が集中したことなどで、総務省によると、都や都内の区市町村の減収は昨年度、466億円に上っている。このため、都は新たに記念に残る都独自の返礼を行うことを検討していた。

(ここまで324文字 / 残り80文字)
http://sp.yomiuri.co.jp/economy/20180609-OYT1T50070.html


3: 名無しさん@1周年 2018/06/10(日) 07:45:16.14 ID:r7+6YDKc0
なお、開会式の入場券は25万の模様


4: 名無しさん@1周年 2018/06/10(日) 07:45:22.32 ID:z/Bk0zW00
好きな名前でいけるなら納税しちゃううううううう


553: 名無しさん@1周年 2018/06/11(月) 09:44:25.08 ID:WWkz6/Nn0
>>4
あ、たしかに、これやったらマズいかも


6: 名無しさん@1周年 2018/06/10(日) 07:45:42.78 ID:JSRTWlJR0
いらね~


【東京都「五輪費用が足りないのでふるさと納税で集めます。返礼品は競技会場の銘板に名前を刻む権利」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
【東京五輪】<費用問題>東京都以外の自治体も一定の負担をすることで大筋合意!開催経費はおよそ1兆3900億円と試算...

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/24(水) 12:26:39.68 ID:CAP_USER9
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの費用負担の問題で、丸川珠代五輪担当大臣は競技が行われる東京都以外の自治体も一定の負担をすることで大筋合意したことを明らかにしました。

 「都外の自治体の皆さまの納得ができる範囲というのがおおよそ見定まったと。議会への説明のつく範囲で、お互いの納得がいったということだと理解している」(丸川珠代 五輪相)

 丸川珠代五輪担当大臣は24日朝、2020年大会の費用負担の問題について、今月31日に東京都、組織委員会、国、関係自治体によるトップ会合を開く考えを明らかにしました。

この席で、競技が行われる東京都以外の自治体が一定の費用を負担をすることが合意される見通しで、すでに、これまでの事務レベルでの調整では、大筋で合意が得られたことを明らかにしました。

 大会の開催経費について、東京都はおよそ1兆3900億円と試算していて、都と組織委員会がおよそ6000億円ずつ、国が新国立競技場の建設費などおよそ1500億円を負担することが見込まれています。東京都以外の自治体が負担する運営費の額は、現在も詰めの協議が行われているということです。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170524-00000034-jnn-soci


6: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/05/24(水) 12:30:34.61 ID:wSQiRbBT0
>>1
高いおもてなしワロタwww


5: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/05/24(水) 12:30:30.99 ID:U0yp8TCY0
まじでやめろ

いいこと何も無い


7: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/05/24(水) 12:30:51.82 ID:ySIV28D70
森田健作を見ると違和感


8: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/05/24(水) 12:32:22.85 ID:njO3N6nz0
国民一人あたり、1万円お支払いただきます。


【【東京五輪】<費用問題>東京都以外の自治体も一定の負担をすることで大筋合意!開催経費はおよそ1兆3900億円と試算...】の続きを読む

このページのトップヘ